トリキュラーで生理日が変わる仕組み

トリキュラーとは、避妊 ピルの一種です。
黄体ホルモンと卵胞ホルモンが配合されています。
1976年にドイツで開発された薬で、日本では1987年から開発が始まり、1999年に避妊の適応で承認されて発売されました。

トリキュラーは、段階型三相性という種類の低用量ピルです。
段階型三相性とは、薬に含まれている有効成分の量が段階的に変化していく事を言います。
これによって、自然なホルモン分泌のパターンにより近い形で、ホルモンの調整が出来るようになります。
トリキュラーの場合、薬に含まれている卵胞ホルモンの量に変化はないのですが、黄体ホルモンが3段階で増加されています。

トリキュラーの具体的な仕組みは、体内の女性ホルモンの量を人工的に調節するというものです。
服用を続ける事で排卵が抑制されて、生理日が変わるようになります。
この作用によって避妊効果を得る事が出来るのです。

トリキュラーは経口服用タイプの薬です。
生理初日から服用を開始します。
1日1回同じ時間に決められた量を服用します。
毎日の服用を28日間続けて1回のサイクルとなります。
1回のサイクルが終わったら、すぐに2回目のサイクルを開始するようにします。
毎日忘れずに服用を続ける事で、期待する効果を得る事が出来ます。

ただし、心臓病や高血圧、肝臓病や腎臓病等の持病がある人は、持病に悪い影響を与える可能性があるので、服用前に医師に相談するのが賢明です。

トリキュラーは高い効果が期待出来る薬ですが、その反面で副作用が起きる場合もあります。
代表的な副作用としては、下腹部痛や不正出血、吐き気や頭痛等があります。
服用していて違和感を感じたら、速やかに医師に相談する事が大切です。